「夢」だった技術が現実になる

「ITと夢」と言われてどのような事を考えますか。そもそも、夢というものは「できるようになったらいいな。」とか「○○になりたい。」とか「○○が欲しい。」などといった願望のことを言います。そして、ITとはパソコンや携帯電話などの電子機器のことを言います。その為、基本的には実用的な願望になってしまうとは思いますが、実用的に世の中がさらに便利なものになることを願っている方がまだまだ沢山いるのです。それは、お年寄りの方々です。今の日本は、少子高齢化社会と言われていますよね。それは、言葉の通り、生まれてくる子供が減って今働き盛りの方たちが老いていくということです。年をとれば、誰でも体の自由が利きにくくなります。頭では分かっていても思うように動けないということが日常茶飯事になるのです。そうなったときの為にこのITの力をもっと借りるべきなのではないかと思います。そして、お年寄りの皆さんが気持ちよく生活できるようになることで、より住みやすい国になるのではないでしょうか。一見、お年寄りのためだけに住みよい国にしようと言っているように聞こえるかもしれませんが、そうではないのです。今、世の中には色々な新しい病気が増えています。そのため病気というと年をとってからなるというイメージがあるかもしれませんが、近頃では若い方たちもかかる病気が増えてきました。見た目が元気そうだというだけで病気ではないと思われてしまう方も多いといいます。ITを利用する事でそういった方たちも不自由なく暮らせる国に一刻も早くなることで、より住みやすい国になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です