理想こそが生きる力

先日読んだ本に、「理想とするIT社会を築くためには、優秀なエンジニアが不可欠だ」とありました。今日のIT社会が構築されたのは、優秀なエンジニアがIT企業で尽力してきたからこそであり、夢を思い描くことで、おのずと理想的な社会にするためにはどのような働きかけが必要なのかを考えるようになると思うのです。

理想を貫くことは美学のひとつだと思っている方がいることでしょう。理想を抱いているからこそ明確な目標意識を持つことにつながるのであり、ともすれば理想によって自分が突き動かされていくことが多々あるのではないかと思うのです。理想が今後の方向性を指し示していると言えて、あたかももう一人の自分が理想の追求をするために、大いなる意志力を喚起させていることでしょう。

「理想を追い求めることは、良い人生を送ろうとしている証拠だ」と私は常日頃から感じています。人が生き生きとしていられるのは理想を抱いているからだと思い、理想がポジティブ思考を作り出していると言えるのではないでしょうか。
いかに理想によって生かされているように感じる人がいても、努力の末に理想から現実に姿を変えたときに努力することの素晴らしさを実感することでしょう。

人生に理想を思い描くことは人としての本能のひとつであり、絶対に成し遂げていこうとする意志力を持つ上での基だと言えるでしょう。理想は、人が人であるために、そしてより素晴らしい充実した人生を送るための柱になると言っても過言ではないような気がします。

夢や理想を追い求め、手が届いたその時から、更なる挑戦が始まるのです。競合に負けないフリーランスに、そしてオンリーワンにと、新たな気持ちに出会える喜びを知るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です