捉え方次第でポジティブ思考に

ITの仕事ができるならば、パートでも働いてみようとする方がいることでしょう。

その方がパートの仕事で成果を上げることで、パートの身分より上の正社員として格上げしようとする企業側の意思決定がなされることが考えられて、今までパートとして働いている方は、高い能力に相応しい正社員としての立ち位置を獲得することが珍しくないのです。
世の中にはパートとして働いている方が多く、そうした方が正社員になることを夢見ている社会情勢に対して、ひとつの社会の特色を映し出しているように感じるのです。

仮にIT企業で正社員を目指している方が念願の正社員になれたときに、「やっと正社員として働くことが許されたんだ。正社員という肩書が、今までの努力が報われたことを祝福しているように感じてくるわ」と思っていることが窺えてくるのです。パートとして働くことが後に正社員として働く上で有利に作用する下積みとなるため、パートで働くことが希望の彼方へ到達するためのスタートラインだと解釈する方がいると思うのです。

人によっては、急がば回れの精神でパートを募集している企業に積極的に応募することが考えられて、ともすればパートの仕事が自分の能力を高めてくれる働き方だと捉えることが無きにしも非ずなのです。いずれ正社員になれるはずだという希望を抱き続ける限り、パートに勝機を見いだすことが往々にあるかもしれません。パートとして働く中で、常に明るい気持ちを持ち続けられたらいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です